ルール掲示板 61077

1 : 審判フォーメーションについて(4)  2 : 守備と攻撃のタイム(3)  3 : オブストラクション(4)  4 : 正規の投球姿勢(セットポジション)(4)  5 : バット引きの守備妨害(9)  6 : 本塁空過のアピールプレイ(5)  7 : 二段モーション 2018(9)  8 : 自打球(4)  9 : 審判の態度について(2)  10 : ストライクゾーン・・・(6)  11 : 没収試合?(5)  12 : 投手板上からの牽制球(9)  13 : タイム(4)  14 : ランナー1、3塁(13)  15 : 本塁空過 5.09c(12)(6)  16 : 新年のご挨拶(2)  17 : インフィールドフライの成立(3)  18 : ボークの際に・・(9)  19 : 妨害の宣告について(11)  20 : 一塁・二塁牽制のボーク(4)  21 : 私はボークだと思うのですが(12)  22 : リニューアル(5)  23 : BSOの表示間違い(4)  24 : タイムの回数と場面(3)  25 : 捕手の打撃妨害(5)  26 : 打撃妨害発生時の処置(5)  27 : セットポジションからの投球(7)  28 : 「都道府県審判員指導マニュアル」なるもの(3)  29 : 走者が故意に手をたたいてプレッシャー(3)  30 : 用語の定義4「ボール」の【原注】を分割し移設(5)  31 : 投球動作と打撃姿勢(9)  32 : 審判員の裁定について(4)  33 : 二塁牽制時の軸足の動き(8)  34 : 送球に対する守備機会(7)  35 : 守備妨害?(5)  36 : ワイドアップポジション(2)  37 : 四球の勘違い~その後(6)  38 : 2アウトからの得点?(3)  39 : 投手の投球姿勢(3)  40 : 投手の軸足(4)  41 : 守備妨害でよかったでしょうか?(6)  42 : 誰が確認しますか?(4)  43 : アピールアウトの時期(7)  44 : ボールデッドゾーンについて(4)  45 : 守備妨害でしょうか?(8)  46 : 部会メールより(2)  47 : 一塁牽制時の軸足の動き(5)  48 : 振り逃げからの得点(5)  49 : 送球がコーチャーに当たってベンチに入った。(4)  50 : 掲示板再開のご連絡(1)  
スレッド一覧はこちら
審判フォーメーションについて
1 名前:ノボル

2018/06/11 (Mon) 11:11:34



こんにちはノボルです。宜しくお願いします。

今回の事例は、審判のフォーメーションについてご教授お願いします。
学童の4年生の試合です
1死 走者二塁、二塁審が内野に位置している時
二塁走者が三塁に盗塁(本当はエンドランです)を試みました

スタートした時、走者の1メートルほど横の走路上に遊撃手がいました
二塁走者が遊撃手の存在に一瞬驚き動きが止まりましたが、
遊撃手をよけてスタートしました
(打者は空振りし)三盗は失敗しました。

オブストラクションではないかと質問しましたが、適用されませんでした。
試合後、審判さんに状況を説明しながら再度確認したところ、
どうやら誰も見ていなかった感じです。

質問です
投球時に
二塁走者についての出来事をカバーする審判は何塁審になるのでしょうか?
宜しくお願いします。

2 名前:ノボル

2018/06/11 (Mon) 11:43:31

追記です
事例の審判フォーメーションは4人制でした

3 名前:審判部 小川

2018/06/11 (Mon) 15:43:41

こんにちは 審判部の小川です。

今回の場合 3人制、4人制共 3塁審が走者の動向を注視することになりますが
中々難しいのが現状です。(投手を見ながら、2塁走者をチラ見です)
ある種 経験が物を言う世界です。(盗塁又はヒットエンドランの可能性を考慮する)
(球審も補助的に見ることもありますが荷が重いです。)

学童の世界での審判員として、走塁妨害を宣告できなくてもご容赦ください。

もちろんベースパスに位置する野手は、走塁妨害を宣告される可能性を秘めています。
(実際に衝突しそうになって、コース変更、スピードダウンも走塁妨害の対象です)

走者も野手も4年生レベルでは、そこまでの事は考えていないし、監督の指示どおり
行動しますからどちらも責任は無いのですが・・・
規則に則った指導をお願いしたいと思います。(ベースパスには位置しない)

4 名前:ノボル

2018/06/11 (Mon) 18:36:36


こんにちはノボルです。宜しくお願いします。

私自身も、どの審判に確認すべきかが解らなかったので、その時は二塁の審判員さんと話しましたが
なるほど、三塁審の担当ですね。納得しました。
当日、三塁審さんはご父兄の理事さんでしたので今回のような事例は、中々高度な要求ですね(笑)
ご教授いただきすっきりしました。

>走者も野手も4年生レベルでは、そこまでの事は考えていないし、監督の指示どおり
>行動しますからどちらも責任は無いのですが・・・
>規則に則った指導をお願いしたいと思います。(ベースパスには位置しない)

子供たちは「あのショートめっちゃ邪魔やった」と言っていましたが
負けないためには、その上を行くプレーや状況判断が必要になりますので、
子供たちを更に成長させ、「良く野球を知っている軍団」にしたいと思っています。

ありがとうございました。

  • 名前: E-mail(省略可):
守備と攻撃のタイム
1 名前:たける

2018/06/10 (Sun) 21:14:47

いつもご教示いただきありがとうございます
今回の事例について、ご教示頂ければ幸いです

本日の中学軟式地区大会にて
状況
1.0アウト、ランナー1塁
2.A監督(守備時)の「タイム」を要求
3.A監督(守備時)がマウンドへ
4.B監督(攻撃時)がベンチ前に出て、ランナーはコーチャー付近まで近づきB監督の指示を確認
この時1塁塁審は、B監督に「タイムになるよ」とB監督には聞こえてはない感じで伝える
5.この後、B監督(守備時)がマウンドへ行ったのが2回、4.と同様(攻撃時)の行為が更に1回ありました
6.また、攻撃時、守備時、かまわずB監督はベンチ前に出て、ジェスチャーで熱く指示をしておりました
7.A監督は、メガホンを使い伝わる声で選手への指示をしておりました

質問
1.タイムの回数は合計で4回になりますか
2.ベンチ前に出てのB監督の行為は許容範囲になりますか

実はB監督は自チームの監督なのです

2 名前:審判部 小川

2018/06/11 (Mon) 01:02:05

こんにちは 審判部の小川です。

たけるさんにお願いです。

過去の投稿で
12 : タイム(4)
23 : タイムの回数と場面(3) があります。

上記の投稿の時にもお伝えしておりますが

タイムの規定は当該大会規定、審判内規等 独自の規定等が運用されています。
ご質問の内容について、この掲示板で軽々に回答することが出来ません。

質問 1, 2 共 回答が180度違う可能性もあります。

当該団体の審判部へ質問をお願いします。

3 名前:たける

2018/06/11 (Mon) 07:32:19

小川様
大変失礼いたしました

「タイムの規定は大会規定又は所属団体の特別規定等が最優先です」
の解説があることを失念しておりました

質問の際は、過去ログをもう一度確認の上質問させていただきます

今後ともご教示よろしくお願い致します

  • 名前: E-mail(省略可):
オブストラクション
1 名前:新米審判員

2018/06/03 (Sun) 20:39:18

こんばんは
本日の試合での、出来事です。
よろしくお願いします。


2アウト/ランナー2塁
レフト前ヒットを打ちました。
その後、ショートに渡り、本塁でのタッグプレイになりました。
PLの私は、「オブストラクション」を宣告しました。
(これに関しては、相当自信があります。)
その際、打者走者が、一二塁間の二塁寄りに居ました。
「オブストラクション」を宣告した時点で、ボールデットであるのか否かで、
打者走者が、1塁or2塁での再開で異なりますので、BUと協議して
「オブストラクション」を宣告した時点で、ボールデットであったと判断し
打者走者を一塁に戻し、再開しました。


が、自信がなく、試合中もやっとしていました。
どのような処置が適切であったのか、ご教授下さい。

2 名前:審判部 小川

2018/06/04 (Mon) 12:48:04

こんにちは 審判部の小川です。

>その後、ショートに渡り、本塁でのタッグプレイになりました。
>PLの私は、「オブストラクション」を宣告しました。
>(これに関しては、相当自信があります。) 

「タッグプレイになって走塁妨害を宣告」ですから、規則 6.01(h)(1)の部分ですね。
(旧ルールで言う「オブストラクション a項」です)

まず 審判員は「タイム、オブストラクション!」を宣告することになります。
ですので 「ボールデッド」は間違いありません。

次に「他の走者の進塁」についてですが

規則はこうなっています。

(1) 走塁を妨げられた走者に対してプレイが行なわれている場合、または打者走者が一塁に触れる前にその走塁を妨げられた場合には、
ボールデッドとし、塁上の各走者はオブストラクションがなければ達しただろうと審判員が推定する塁まで、
アウトのおそれなく進塁することが許される。

簡単に「塁上の走者は、オブストラクションが無ければ達したと思われる塁まで進塁できる」と言うことです。
この場合、「ボールデッドになった時点ではなく、走塁妨害がなったらどの塁まで行けたか?」です。
守備妨害の時のボールデッドとは裁定が異なります。

ではそうなると、その時の走者はどこまで行けたでしょうか?

3 名前:新米審判員

2018/06/04 (Mon) 15:06:39

早速、ありがとうございます。
オブストラクションの宣告時に、走者はおどおどしてしまいましたが、その後すぐに2塁に行きました。
私としては、2塁まで行けたという、判断をします。

実際、ボールデットか否かしか、BUとも冷静な協議が行えませんでした。
ありがとうございました。
まだまだ、勉強不足です。
これからもよろしくお願いします。

4 名前:審判部 小川

2018/06/05 (Tue) 10:23:25

こんにちは 審判部の小川です。

了解しました。

旧ルールの「オブストラクション A項、B項」は知っておられると思いますが
「タイム」と「インプレイ」の違いは、認識されているほうが良いと思います。

結構難しいのが「B項」です。

「オブストラクションのポイント」を出すことを躊躇する方が結構多いです。
私は「B項」の時はポイントを直ぐに出すようにしています。

後で協議する時、楽ですから。(審判員がちゃんと見てるよみたいな)


  • 名前: E-mail(省略可):
正規の投球姿勢(セットポジション)
1 名前:たける

2018/06/03 (Sun) 22:19:17

度々の質問ですが宜しくお願いします。

中学軟式にて
状況
1)球審(先生コーチ)のみの1人制
2)2アウト、ランナー1塁
3)右投げ投手が、軸足は投手板、右手は身体の横、左は胸の前の姿勢で捕手のサインを確認
4)確認後に右手は身体の横、左手は胸の前の姿勢から、肩を30度くらい開いて、一塁を見る(投手板に触れたまま)
5)4)の姿勢の流れから一塁へ牽制(投手板に触れたまま)
6)一塁走者はアウト
質問
これは
5.07(a)正規の投球姿勢
(2)セットポジション
の文中より
「投手は、セットポジションをとるに先立って、片方の手を下に下ろして身体の横につけていなければならない。この姿勢から、中断することなく、一連の動作でセットポジションをとらなければならない。」
との解説から読むと、状況4)、5)は一連の動作でセットポジションをとってないのでボーク となると解釈しますがいかがでしょうか。

ご教示頂ければ幸いです。

2 名前:審判部 小川

2018/06/04 (Mon) 13:04:49

こんにちは 審判部の小川です。

>「投手は、セットポジションをとるに先立って、片方の手を下に下ろして身体の横につけていなければならない。
>この姿勢から、中断することなく、一連の動作でセットポジションをとらなければならない。」

上記は「この姿勢からセットポジションをとる場合」の動作を規定しています。

文章からは「ボールを持った投手が軸足を投手板に触れた」と言う状態です。

「この姿勢」からは、

①軸足を外す。(正規に外す事)
②塁に送球する。(軸足、自由な足の位置に注意)
③打者に投球する。(セットポジションに移る)

事が出来ます。

ですので「リーガルなプレイ」と思いますが如何でしょうか?

3 名前:ノボル

2018/06/04 (Mon) 16:54:23


こんにちはノボルです。たける様、小川様、一緒に勉強させて下さい。

5.07(a)正規の投球姿勢
>この姿勢から、中断することなく、一連の動作でセットポジションをとらなければならない。
この条文には
主語の「打者に投球する場合」が抜けているのでややこしくなっていると思います

よくある事例は、
捕手のサインを確認した後、一旦始まった投球に関連する一連の動作(ストレッチ動作)を「中断」し、
再度サインを確認する動作でボークを適用されているのをよく見ます

一連の動作で「中断」しなければ、動作の途中からでも牽制球も送球(二塁は偽投OK)できるし、
軸足を投手板から外すことも出来ます
と言う意味です。
いかがでしょうか?


4 名前:たける

2018/06/04 (Mon) 19:45:53

小川様
ノボル様
ありがとうございます。
その牽制で3つの牽制死があったもので気になり質問させていただきました。
スピードがあり、上手い牽制だった!
勉強になります。

  • 名前: E-mail(省略可):
バット引きの守備妨害
1 名前:たける

2018/05/28 (Mon) 17:55:30

よろしくお願いします。

バット引きの守備妨害
中学軟式野球の練習試合にて
状況
1)1アウト、ランナー3塁、右打者
2)1B2Sから、スイングし捕手後逸
3)打者走者は振り逃げで1塁へ
4)3塁走者は本塁へ進塁
5)捕手から本塁ベースカバーの投手に送球
6)触塁が早くセーフ
7)5)-6)の間で新人のバット引きの選手が、捕手とベースカバーの投手の間をバットを取りにかけ抜けていき、あわやバット引きの選手に送球した球がぶつかりそうでした
質問
1)当たってない場合、守備側がアピールし、審判が妨害と判定すれば守備妨害となるか
2)当たった場合、守備妨害となりボールデットとなるか

攻撃側で1点にかかわる大事な場面でした。
いつも、試合を撮影していて、見直したら上記の様な場面になっていて子供と「当たったら守備妨害だよな」「当たらなくてもアピールされたら守備妨害か??」と昨夜、反省会をしておりました。
ご教示頂ければと思います。

2 名前:審判部 小川

2018/05/28 (Mon) 23:07:12

こんにちは 審判部の小川です。


>1)当たってない場合、守備側がアピールし、審判が妨害と判定すれば守備妨害となるか

この妨害は「アピール出来るプレイではありません」審判員の判断が優先されます。(何も判定しないならリーガルなプレイです)
ボールが当たるだけが妨害ではありません。審判員が「捕球しにくかった」と考えられた場合も妨害となります。
但し あくまでも捕球していれば、アウトに出来る状況であったことが判断材料です。

2)当たった場合、守備妨害となりボールデットとなるか

これも走者が既にホームに達した後のプレイであれば妨害としない可能性もあります。
上記と同様 あくまでも捕球していれば、アウトに出来る状況であったことが判断材料です。

規則6.01(b)守備側の権利優先

走者を除く攻撃側チームのメンバーが、送球を処理しようとしている野手の守備を妨害した場合は、
ボールデッドとなって、そのプレイの対象であった走者はアウトとなり、
他のすべての走者は妨害発生の瞬間に占有していた塁に戻る。

3 名前:ノボル

2018/05/30 (Wed) 12:43:33

こんにちは、ノボルです。宜しくお願いします。

たける様
小川様こんにちは、一緒に勉強させて下さい。


>>2)当たった場合、守備妨害となりボールデットとなるか

> これも走者が既にホームに達した後のプレイであれば妨害としない可能性もあります。
>上記と同様 あくまでも捕球していれば、アウトに出来る状況であったことが判断材料
>です。

2)の場合で、三塁走者はセーフのタイミングで本塁に到達した直後、送球がプレーヤー
(出場選手)以外の攻撃側チームの選手(バット引き者)に当たった。
打者走者は、その後1塁に到達した。

この場合は、守備に関する妨害は無かったとして処置する。

と言うことですが・・・

送球がバット引の者に当たり、球がはねてデットに入った場合の判定は
どうなるのでしょうか?

 事例の場合では、
 守備妨害はとらず、捕手の悪送球で打者走者に2塁を与えて再開とする。
 と、なりますか?

宜しくお願いします。

4 名前:審判部 小川

2018/05/30 (Wed) 13:48:23

こんにちは 審判部の小川です。

>この場合は、守備に関する妨害は無かったとして処置する。

「3塁走者をアウトにするプレイに対しての守備妨害」は無かった言うことです。

>送球がバット引の者に当たり、球がはねてデットに入った場合の判定は
>どうなるのでしょうか?

審判員の判断により「3塁走者への守備妨害は無い」となった場合、攻撃側のプレイヤーに
送球が当たった時点で「タイム」を宣告し、妨害が無ければどうなったかを協議し、処置をします。

質問の状況でしたら
「単なる送球を守備妨害した事」により全ての走者は妨害が発生した時点の塁に留めます。

このプレイで攻撃側に安全進塁権は発生しません。
バット引き君は「厳重注意」となります。

5 名前:ノボル

2018/05/30 (Wed) 21:54:56

こんにちは、ノボルです。
13:48:23・・・瞬殺ですね(笑)

たける様お邪魔しています。
小川様ご教授ありがとうございました!

次の点についてご教授お願いします
>攻撃側のプレイヤーに
>送球が当たった時点で「タイム」を宣告し、妨害が無ければどうなったかを協議し、処置をします。

>質問の状況でしたら
>「単なる送球を守備妨害した事」により全ての走者は妨害が発生した時点の塁に留めます。

 守備妨害と判断したのは送球がバット引き君に当たった時点と理解しましたが、

では、バット引き君の悲劇を打者に置き換えるとどうなりますか?
https://www.youtube.com/watch?v=BlX8ZyRjL7I
(「日ハムvsオリックス まさかの形でサヨナラwwwwww 18.05.10」YOUチューブ)
が先日事例でありました

鶴岡捕手がパスボールを処理し、本塁カバーの浦野投手に送球しましたが
打席からファールエリアに回避していた打者小田選手の足に送球が当たり
ボールがインフィールドに転がり、プレーはそのまま続けられました。

「守備妨害」は審判の判断で決まりますが、
ボールデットを宣言する場合としない場合の違いについて
① 送球が当たったのが「打者」か「バット引き君か」が守備妨害の判断ポイントですか?
 または
② 転がった先がフィールド内かデットゾーンかで守備妨害の判断が変わりますか?
 または別の理由
③ 最初の鶴岡捕手の送球にはプレーが介在していなかったから
 でしょうか?
よろしくお願いいたします。


6 名前:審判部 小川

2018/05/31 (Thu) 13:48:24

こんにちは 審判部の小川です。

① 送球が当たったのが「打者」か「バット引き君か」が守備妨害の判断ポイントですか?

   どちらでも同じです。

② 転がった先がフィールド内かデットゾーンかで守備妨害の判断が変わりますか?

   何も変わりません。

③ 最初の鶴岡捕手の送球にはプレーが介在していなかったからでしょうか?

   そうではありません。

   打者の立っている位置が「投手への送球を妨害している」とは言えないからだと思います。
   「単なる捕手の暴投です」そこが審判員の判断です。
   打者も本塁方向を見ているので、送球を「故意に妨害」したとも言えないです。

   私的には、その後の投手からの送球を捕手が本塁カバーに入って、捕球する時の打者の動きが
   微妙な動きになっていて、もう少し左に移動していたら「捕手と接触していたのでは?」と思います。
   そうなると「打者の守備妨害」が宣告されると思います。
   栗山監督もダメもとで「打者の妨害」を抗議してくれたら面白かったのに・・・
   
   因みにその後のビデオで、オリックスのコーチから球審に何か抗議があり、球審が監督に話をしに行って
   いましたが、多分「捕手の本塁へのカバーがコリジョンではないのか?」だと思います。
   もし捕手がボールを捕って、タッグしてアウトを宣告したら、その抗議が来るでしょうね。
   多分 球審は「コリジョンを適用する」と思います。

7 名前:ノボル

2018/05/31 (Thu) 17:45:03


こんにちは、ノボルです。

小川様ご教授ありがとうございます

>打者の立っている位置が「投手への送球を妨害している」とは言えないからだと思います。
なるほど・・・
判断は審判マターと心得ていますので、
小川様のように毅然と説明していただければ何もありません。

>栗山監督もダメもとで「打者の妨害」を抗議してくれたら面白かったのに・・・
アマチュアで、同様の事例が出た場合は、
守備チームの監督さんが栗山監督のような紳士である事を期待します・・・(汗)

>因みにその後のビデオで、オリックスのコーチから球審に何か抗議があり、
>球審が監督に話をしに行っていましたが、多分
>「捕手の本塁へのカバーがコリジョンではないのか?」だと思います。
そうゆうことですか、何を怒ってるのかと実は疑問に思っていました。
勉強になりました(笑)

ありがとうございました。




8 名前:審判部 小川

2018/05/31 (Thu) 17:58:37

こんにちは 審判部の小川です。

たけるさんへ

途中 ノボルさんとの質疑になってしまいましたが、ご理解頂けましたでしょうか?
後で考えれば分かることであっても、その場は「ヒヤリ・ハット」ですね。
審判員としてもとっさの裁定には相当な経験が必要と思います。

(抗議がなければそのままそっとしたいような・・・)

9 名前:たける

2018/05/31 (Thu) 21:25:33

小川様
ご教示ありがとうございます
ノボル様
事例 勉強になります
ありがとうございます

私の事例で守備側の立場だったら、「バット引き君!守備妨害じゃないかい!」と心の中で囁いて(叫んで)いたかも!
本当に野球規則は奥が深い(解釈が難しい)です。
私の野球規則の引き出しも増えてますが、息子の引き出しも増えてるはずです。
これからの野球にいかしてくれるのが楽しみです。

  • 名前: E-mail(省略可):
    • タイトル:
    • 名前: E-mail(省略可):
Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.